『登り網』の空間

 IMG_5690

『登り網(のぼりあみ)』とは・・・
一旦身網(みあみ)へ導かれた魚が、容易に網の外へ出ないためのもの。
写真ではわかりづらいですが、登るように網に角度がついています。
現在位置は『角戸網(運動場)』といい、魚が網に入ってきて回遊する溜まり場のことを言います。
この広いスペースでは通常、イベントや企画展などが行われています。
また、こちらの網の美しい景色や雰囲気とともに講演会なども行うことができます。